×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



SUFFERING FROM A CASE


 that scene
  1.scene
  2.no face
  3.think about
  4.baggage
  5.rumor
  6.bark like dog
LABEL WATER SLIDE RECORDS
CATEGORY MELODIC
HOME 東京 / JAPAN
FORMAT CD / 6曲入り
古くはTHIS WORLD IS MINE、最近だとPEACE OF BREADやELMOCなど、良質のバンドが数多く活動する八王子にすごいバンドが居ました!今年の頭(2007年)に八王子リンキーディンクスタジオへTHE LEIF ERICSONを見に行った時に初めて見て、ものすごいテンションのライブに引き込まれ音源の発売を心待ちにしていたのですが、ついに出た単独音源がこれまた期待を飛び超えたサウンドに。1曲目「scene」からフルスピードで飛ばします。まるで初めてI EXCUSEを聴いたときのような高揚感!3曲目「Think About It」では全員で叫びまくりなボーカル&コーラスワークが光ります。男らしくも悲しげで素晴らしくかっこいい。ラストの「Bark Like Dog」も切なさを機軸とした速い+絶叫+フルコーラスメロディックが止まりません。すごいなぁ。音を短直な形で言えば個人的にはSNATCHERの哀愁漂いまくる疾走感に、BENCH WARMERやSEASONあたりの激情を足した感じがしました。HUSKER DUが間違いなく地盤にあるサウンドだと思うので、そのあたりが好きな方にもお薦めです。けっこうライブをやってるみたいなので、後はとにかくライブを見てみて下さい。自分は卒倒でしたよ。今でもまだまだいいバンドは沢山いるんだってことを再確認できた1枚です。[kazu]


 MAKES NO SENSE & SUFFERING FROM A CASE split
  1.I Hate You
  2.Isolation
LABEL SUBURBIA WORKS
CATEGORY MELODIC
HOME 東京 / JAPAN
FORMAT CD / 4曲入り
MAKES NO SENSE & SUFFERING FROM A CASE splitのレビューはこちら → SPLIT


SUFFERING FROM A CASE TOP