×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



POINTED STICKS


 PERFECT YOUTH
LABEL SUDDEN DEATH RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME CANADA
FORMAT CD / 16曲入り
結成は1978年(地味に生まれ年)、カナダのバンクーバーから飛び出したPOINTED STICKSが残した唯一のフルアルバムです。良く「このバンドPOINTED STICKSに似てるね」なんて例えられることも多い、正に70'S POWER POPバンドのお手本的なバンドと言っても過言ではないと思います。オリジナル盤がアホみたいに高かったこの音源の再発(これももちろん再発盤)は、パワーポップが好きな方の誰もが諸手を挙げて喜んだことでしょう。誰もが名曲と口を揃えて言う11曲目「Out Of Luck」の素晴らしさは言うまでもなく、他の楽曲もキラキラした輝きの中にメロディの良さが際立っています。1曲目「Marching Song」のキャッチーなメロディ、2曲目「Perfect Youth」のキーボードと絡み合うギターの泣きのアルペジオ、NEON HEARTSっぽい怪しいサックスとボーカルが織り成す8曲目「The Witch」、とことんきれいなメロディに切ないギターソロが乗っかる10曲目「Way You Do」、アルバムとしてはラストとなるドラマティックな12曲目「Part Of The Noise」までとことん良いです!そしてこれにはボーナストラック(13〜16曲目)が4曲追加されています。シングルと比べてギターソロがキーボードになってる13曲目「Somebody's Mom」も良いですが、ミドルテンポで進む切ないナンバー17曲目「Angeline」がまたとんでもない泣きを醸し出していて素晴らしい!マストって表現はあまり使いたくないのですが、とにかく全般的にハズレがないので70'S POWER POPスタイルの音に興味を持っている方は間違いなく持っておいて欲しい音源だと思います。[kazu]


 Waiting for the Real Thing
LABEL SUDDEN DEATH RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME CANADA
FORMAT CD / 24曲入り
上記アルバムの再発がかかった後に出た、シングル3枚と数々のオムニバスなどに収録されている曲、未発表曲を収めたナイスすぎる音源です。自分はシングル盤を1枚も持っていないので、それらの曲が入ってるってだけでもたまらないのに、それに加えた未発表曲郡がしっかりと追いうちをかけてきます。1枚目のシングル曲「What Do You Want Me To Do ?」のイントロから突き抜ける秒殺サウンドはかなりヤバイものがあるし、2枚目のシングルのBサイド、4曲目「Out Of Luck」なんかはアルバムよりもスピード感が上乗せされてすげーカッコいいことになっちゃってます。個人的にはアルバムのバージョンよりもこっちの方が好きです。3枚目のシングル、5曲目「Lies」の一度聴いたら忘れられないキャッチーすぎなメロディも抜群、アルバムとのバージョン違い曲郡もそのほとんどがスピード感が増していてカッコいいことこの上なし!FASTBACKSもカバーしている10曲目「Apologies」なんかも「ROOTS OF POWERPOP!!」(70'S POWER POPサウンドはまずこれ聴いてから色々探してみましょう的なオムニバス。こちらもかなりイイです。)に入ってるものよりも音質がよくなっていてすこぶる震えます。そんな文句の付けようがない音源なんですが、唯一の欠点として最後の音源となる4枚目のシングルが収録されていません。こちらも再発盤が出てますけどしっかりと買い逃したので、いつか手にいれる日を夢見つつレコ屋漁りをする今日この頃です。[kazu]


POINTED STICKS TOP