×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



PEAR OF THE WEST


 This means little resistance and the proof of existence.
  1.All I Want All I Need Is Communication
  2.Answer For Your Letter
  3.Daytoday
  4.The Radiant Boy Wonder
  5.Last Doubt Left Me
  6.Proof Of My Existence
  7.All Unfit
  8.Lost Sight Of Round
  9.Perfect Night Has Just Come
 10.Loose
 11.Bright Lights, Early Morning
LABEL SNUFFY SMILE
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT CD / 11曲入り
福岡を拠点に活動するメロディックバンド、PEAR OF THE WESTの1stアルバムです。SNUFFY SMILE(今はSNUFFY SMILES)っていうレーベルは昔も今もホントいいバンドを沢山リリースしていますね。さて、サウンドですが女性ボーカル(5、10曲目はギターのLARKさんがボーカル)&ポップなメロディの中にUKメロディック的なアプローチと素晴らしいコーラスワークが絡む、なんとも切なさが止まらないかなりの名曲揃いな音源となっております。引き合いに出されそうなCIGARETTEMANよりも速くてリズミカルな曲が多いです。1曲目「All I Want All I Need Is Communication」から2曲目「Answer For Your Letter」にかけてのスピーディーな展開といい、情熱的な男女ボーカルが切なくも熱く重なる5曲目「Last Doubt Left Me」や9曲目「Loose」といいもう素晴らしいの一言です。ラストの曲「Bright Lights, Early Morning」は歌詞といい音といい・・・夜中に寝ながら聴いたら少し泣きそうになりました。CIGARETTEMANやDISCOUNTが好きな方、音はずいぶん違いますけどSOME SMALL HOPEが好きな方なんかもたぶんいけると思います。女性ボーカルの切ないメロディックが聴きたくてしょうがない方は是非探してみて下さい。[kazu]


 STUPID GAME
  1.NO WAY TO ESCAPE
  2.STUPID GAME
  3.CONVERSATION IS DISRUPTED NOW
LABEL SNUFFY SMILE
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT 7" / 3曲入り
上記単独アルバムから2年振りとなる3曲入り7"。全般的に音の作り方を変えたのか、アルバムの時よりもミドルが強めなギターサウンドと力強さが増したボーカルが印象的です。「NO WAY TO ESCAPE」は疾走感が抜群のロック色が強い曲で、時折入る転調から疾走しまくるギターリフへの繋ぎ方が素晴らしいです。歌詞もなんだか自分の弱いところを痛々しく突かれている気がしてひどく胸を打ちます。レコードのタイトルにもなっている「STUPID GAME」はポップなんだけど陰りがあるようなミドルテンポの曲調が印象的なナンバー。「CONVERSATION IS DISRUPTED NOW」は今までの楽曲よりもずば抜けてUKメロディック色が強い曲で、ツインギターならではの層の厚さで激走するドラマティックなコード進行がなんともかっこよすぎで、個人的にはこの3曲目が一番好きです。3曲だとさすがに物足りなさを感じてしまうと思うので、個人的にはPEAR OF THE WESTを初めて聴くなら前作アルバムからこの音源の順に聴くのが良いかと思います。前作の流れが好きな方は買っておいて損はないと思いますよ。[kazu]


 PEAR OF THE WEST
  1.IN THE DARK
  2.SHEER NONSENCE
  3.FIND OUT THE ESSENSE
  4.EVERYDAY
LABEL SNUFFY SMILES
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT 7" / 4曲入り
昨年(2006年)に出た4曲入り7"。おもいっきりNEW YORK DOLLSなジャケもさることながら、かなりこの音源から音の感じが変わってきたように感じます。今までは切なさを全面に出した疾走ナンバーがほとんどだったのに対し、今作はDILLINGER FOURあたりに通じる力強いメロディックサウンドに溢れています。1曲目「IN THE DARK」は横にうねるギターとザクザクしたギターがツインで絡むロックンロールなナンバー。ベースもゴリゴリいっててかっこいいです。続いて2曲目の「SHEER NONSENCE」ですが、これはこれは素晴らしい!ミドルテンポでグイグイ突き進むザックリとした曲展開から恐ろしいほど切なすぎるサビへと流れる展開がすこぶるやばいです。この音源ではこの曲がダントツじゃないですかね?3曲目「FIND OUT THE ESSENSE」のタイトなサウンドから繋がる切ないサビの展開なんかも良いし、初のアコースティックのナンバーであろう「EVERYDAY」でもあまり違和感なく自然に聴けてしまうから不思議です。いい形で一歩進んだサウンドを出すことに成功したんじゃないでしょうか?次のアルバムに期待です。[kazu]


 PEAR OF THE WEST & SERVO split
  1.ALL UNFIT
  2.GET OUT OF SIGHT
LABEL SNUFFY SMILE
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN - UK
FORMAT 7" / 4曲入り
PEAR OF THE WEST & SERVO splitのレビューはこちら → SPLIT


 V.A. / I HOPE THE END IS ALWAYS THE BEGINNING
 1.Answer for Your Letter
 2.Sister
LABEL SNUFFY SMILE
CATEGORY MELODIC / POP PUNK
HOME JAPAN
FORMAT CD / 28曲入り
この音源はディストロしています。レビューはこちら → DISTRIBUTION


 V.A. / THE BASTARDS CAN'T DANCE - A Tribute To LEATHERFACE
  1.Don't Work
LABEL SNUFFY SMILE
CATEGORY MELODIC
HOME JAPAN
FORMAT CD / 12曲入り
この音源はディストロしています。レビューはこちら → DISTRIBUTION


PEAR OF THE WEST TOP