×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



OTHER MUSIC.14 (JOY LAST STAND)


 OTHER MUSIC.14 (JOY LAST STAND) LIVE REVIEW
1月21日、新大久保EARTHDOMにJOYの解散ライブを見に行ってきました。
解散ライブってものは何回か見た経験がありますけど、なんだかその日特有の空気みたいなのがあるように毎回感じます。あらかじめ前売りを買っていたので(kamoありがとう!)、NATやVINYL(THE BOYSの1STと2NDが300円で売っててびっくり。ブートか?)でまったりとレコ漁りをしつつ、余裕こいて向かったのですが・・・着いてみた先にはとんでもない人の列!道行く人々が不思議そうに眺めていました。

入場後、とりあえずライブが始まる前にドリンク引き換えついでに物販へ向かったのですが、Tシャツは速攻で完売したようで購入できず。がっかりでした。RIDE AND FALLとのスプリットを持ってなかったので買ったところ、IMPULSEという絵描きの作品を集めたジンが付いてきました。

そんなこんなであまりの人の多さのせいか、19:00スタート予定が40〜50分くらい押してライブが始まりました。1バンド目はFRESH!というサックス(電子サックスみたいなのも吹いてた)、ギター、ドラム、ベースの4人編成インストバンドでした。フュージョンっぽい曲の中に時折入る混沌サウンド・・・こういうのは初めてみたので、なんだかあっけに取られました。というか演奏うますぎです。
MCATさんのセットリストを頂いてきました!
ありがとうございます。
 - SET LIST -
 1.行方不明
 2.ホワイトフラッグ 白旗≠敗北
 3.妄想ディスコ
 4.午前五時
 5.ネイキッドシティーのトップシークレット
 6.テレフォンオペレイターセイブ・アス
 7.ニューオーダー
 8.ロストサンシャインノイズフリーダム
   ニュウエイジインセイン
 9.最終兵器が僕を待つ
10.瞬間は寸前
11.インスピレーションワイヤー
12.ジョイ!
13.ニューオーダー
2バンド目は久土'n'茶谷(ひさとんちゃたに)というアコギ+ドラムの情熱フォーク(?)ユニット。MOSTというバンドの方がやってるみたいです。「ほとんどカバーばっかですが(戸川純の曲とかだったみたいです)」って言ってましたが、ギターもドラムもドカドカ動きまくり!かっこよかった。

3バンド目はKIRIHITO。ギター&ドラム(バスドラなし)編成での2人組。テクノっぽいサウンドからいきなり絶叫モードに突入したり、グレッチ弾きながら足でピアニカっぽいのを同時に踏みまくりで「おおーすげー!」と圧巻。ああいう音を出すバンドもいるんですね。

そしてラストにJOYが登場しました。300人くらいはいたんじゃないでしょうか、会場はSNOTTYの解散ライブを彷彿とさせるような人の波!あの時は一番後ろで見ていましたが、今回はいつの間にか人の波に押し出されて一番前へ。

1曲目はアルバムからの曲「行方不明」。会場は一気にものすごいテンションに包まれました。そのままの勢いで立て続けに「ホワイトフラッグ白旗≠敗北」を演り、MCへ。なんだか全然ラストっぽくない普段どおりのTKNK2さんのMCが印象的でした。EXITHIPPIESとのスプリット「妄想ディスコ」、RISE AND FALLとのスプリット「午前五時」に続き、発売されたばかりの2ND EPから3曲!ここで会場のボルテージは一番上がったんじゃないでしょうか。TKNK2さんの激しすぎるステージング、ELIさんのドライブしまくりなベース、TD-Kさんのドカドカいいまくるドラム・・ホントすごいわ。MCATさんの体から汗が蒸発したせいか、肩に蒸気を帯びていてなんだか鬼気迫ったものを感じました。そのままの勢いでラスト「瞬間は寸前」でトドメを刺したところで一旦終了。

アンコールの声が止まない中、「呼ばれなくても演るよ」とTKNK2さんが言ったところで「インスピレーションワイヤー」「ジョイ!」の2連打!何も言うことはないです。カッコよすぎました。そして「ジョイ!」を演った後にもう一度出てきて、一番最初に作ったと言っていた曲「ニューオーダー」をもう一度演り、JOYのラストライブは幕を閉じました。

ラストでしたが、実に伸び伸びと楽しそうにやってたように見えました。素晴らしいラストライブだったと思います。おつかれさまでした。


OTHER MUSIC.14 (JOY LAST STAND) TOP