×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



AKUTAGAWA CD RELEASE TOUR '07


 AKUTAGAWA CD RELEASE TOUR '07 LIVE REVIEW
1月14日、新宿JAMひとりぼっち。2006年が終わり2007年が始まり2週間・・・。新年初ライブを見に行きました。ディストロでは扱ってないバンドさんばかりですが、激情〜ポストロックらへんの代表バンドばかりだったのと、ジョイのライブチケットをゲットしたこともありウキウキしていきました。まさかあんなことになるとは知らずに・・・(笑)

JAMというライブハウスは新宿駅東口から歩いて15分くらい(遠い・・・)のとこにあり、昨年ディストロの3人でカナディアンメロディックバンド・FIFTH HOUR HEROの来日公演を見に行ったとこでもあります。あの時も満員でしたが今日もたくさんの人が広いとは言えないスペースにあつまるのでした。通常1DRINK制ですが、今日から1DRINK〜4DRINKまでえらべる斬新な方式になってました。お金はかかるけど何杯も飲む方には割安なのでオススメです。

さて、回想する頭の中でライブがはじまりましたよ、今日の目玉はやっぱり山形からやってきたAKUTAGAWAとWHAT EVER FILMだな〜と考えている僕がいました。スペシャルゲストもいるということで楽しみでした。forget me notかsoraだったらいいな〜なんておもってた。違ったけど・・・。
最初はTONEBUNKという下北沢なバンド。ギターポップな感じでした。続いてFOUNTAIN OF RICH AROMA。このバンドはずっと気になってたので見れてよかった。ライブ始まりTONEBUNKの余韻をぶち壊すカオティックさに客、ポカーン(笑)いやーすげー好きです。会場の雰囲気を180度変えた。受けた印象はforget me notみたいな感じ。デモが欲しかったけど3枚しかないらしくて買えませんでした。。。このライブ中にちらほらと見慣れた人が歩いてて、スペシャルゲストがだれだかを悟りました。(ライブハウス前の出順みてたらわかってたのかもだけど)

続いてBalloons。なんだかんだで初めてお目にかかります。アンサンブリーで上手くてかっこいい。AND MARK HERとかthe chef cooks meみたいな下北沢で人気と実力を兼ね備えたバンドってかんじ。

そして山形のポストハードコア番長(?)WHAT EVER FILMあらわる。北海道サッポロのバンドみたいな雄大さを感じました。北国だからかな。WHAT EVER FILMとの出会いはサッポロに遊びに行った際によったレコード屋(カウンターアクションのとこ)でした。今になってライブを見れるとは思いませんでした。よかった。。。

そしてスペシャルゲスト。たまたま僕は今日バンドTシャツを着ていましたよ(笑)、ENDZWECKがやってきました。しばらくぶりでしたがいつも見事なステージングとライブ。まさか新年一発目のライブでENDZWECKがみれるとは!!今年はよい年になりそうです(笑)宇宙さんへの初詣をすませました。

そしてcosmic note→oto recordsへタスキが繋がれました、killie。激情好きな僕はoto recordsのバンドや周辺バンドのライブ、distroのページとかはよくみてるんですがkillieのライブは初めて。叩きのめされました。音源を聞いた時も同じでしたが、ほんと世界感と質量に圧倒されて同じバンドマンとしてヘコまされます。目の前でライブしてる彼らと自分の距離はとてつもなく遠いんじゃないかと錯覚をおこします。こんなすげーライブは初めて見たかもしれないくらいかっこいいから、みなさんも是非ご覧ください。

というわけでkillieにKOされたので残念ながらAKUTAGAWA見ずに帰途に着きました。おしまい。次のライブは来週のJOYです。


AKUTAGAWA CD RELEASE TOUR '07 TOP