×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



FAST CARS


 The Kids Just Wanna Dance
  1.The Kids Just Wanna Dance
  2.You're So Funny
LABEL STREETS AHEAD
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 2曲入り
THE LETTERSなんかもそうですが、70年代後半〜80年代前半にはわずかなシングル盤のみを残して解散してしまったバンドが数多くいます。「BACK TO FRONT」や「KILLED BY DEATH」なんかのオブスキュアコンピシリーズで再評価されて再び注目されるようになったようですが、おそらくFAST CARSもそんな中の1バンドかと思います。そんな流れもありつつ再注目を浴びたFAST CARSの単独音源がこの7"でオリジナル盤は1979年に発売されています。さて、この7"ですがもうとんでもないことになってるんですよ。1曲目「The Kids Just Wanna Dance」はFAST CARSを代表する名曲中の名曲で、イントロからもう最高潮のテンションとノリノリなかっこよさがほとばしりまくってます。聴きやすいポップなメロディに被さるサビを連呼しまくりの完璧すぎなコーラスワーク、ドライブ感のあるギター、ドラムの時折入る連打といいダメなところが微塵も見つかりません。こんなのライブで聴いたら間違いなく大合唱必至で両手を振り上げること間違いなしです。この曲はWATER CLOSETもライブでカバーしたりしていたようですよ。2曲目「You're So Funny」も1曲目に負けないロッキンなパワーポップサウンドが全開ですこぶるヤバイです。サビのメロディもさることながら、ギターソロでハモるとこなんかもたまらなく良いなぁ。これは後に再発されたリプロ版なんですが、最近はこの再発版(1000円以内で買えると思います)もあまり見かけなくなりました。とは言ってもこの7"に収録されている2曲は後の再結成後の1STアルバム(初音源から約20年越し!)に同バージョンで収録されています。1曲目だけならオムニバス「BACK TO FRONT VOL.4」なんかでも聴けます。この1STアルバムがまたものすごいカッコよさに溢れまくっているので(こっちはまだ新品でも見かけます)FAST CARSが気になった方はまずはアルバムの方を探して見て下さい。2ndアルバムの発売を今か今かと待ちわびている今日この頃です。[kazu]


 Everyday I Make Another Mistake
  1.Everyday I Make Another Mistake
  2.I'm All Right
LABEL DETOUR RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 2曲入り
下記アルバムの先行シングル7"。ジャケの裏面に新宿JAMでの来日ライブの日程が書いてあるので、日本のファンに向けて作られたシングルという感じなんでしょうね。曲はアルバムにも収録されているハンドクラップ必至の名曲「Everyday I Make Another Mistake」と、パーティー感全開のロックンロールナンバー「I'm All Right」の2曲ですこぶるカッコいいことこの上ないですが、アルバムとのバージョン違いは特に感じなかったので、アルバムが出た現在であればこちらを特に探す必要はないと思います。[kazu]


 Coming... Ready Or Not !
LABEL DETOUR RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT CD / 17曲入り
1STシングルのとこにも書きましたけど、こちらが2001年にリリースされた20年越しの1STアルバム。もちろん「The Kids Just Wanna Dance」のシングル2曲もそのままのバージョンで収録されています。20年以上経ってるし、再結成後の音の感じは別モノか?と思いきや、全く変わることのない声質や音の作り、ソングライティングセンスに脱帽させられる抜群のメロディに溢れた素晴らしいアルバムで、とにかくポップでいてとっつきやすくヘビーローテーションになること請け合いの、捨て曲がまるで無い完成度です。16曲目「Suffragette City」はデビッドボウイのカバー。ラストの「This Old Heart Of Mine」もカバーっぽいですけど、こっちは聴いたことあるような、ないような・・・よく分かりません。LPも出てますけど、CDのほうが収録曲が多いのでそっちをお薦めします。70'Sパワーポップスタイルの音が好きな方は避けて通れない名盤といっても過言じゃないと思いますよ。[kazu]


 Here We Are Today
  1.Here We Are Today
  2.Way Of The World
LABEL 1977 RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 2曲入り
再結成後、2002年にリリースされた2曲入り7"。A面は昔作った曲の再録で、B面は新曲という構成になっています。1曲目「Here We Are Today」はかなりスピーディーな感じに聴こえるミドルテンポで突き進む、切なさ溢れるFAST CARS節満載の曲。加えてギターのドライブ感も抜群ですこぶるかっこいい!このバンドはホントにもう曲良すぎです。2曲目「Way Of The World」は切なさと青臭さを醸し出しまくりのゆったりしたテンポの泣きの曲。こちらもかなり素晴らしく、とても再結成後に作られた曲とは思えない雰囲気とセンスを改めて感じます。買っても全く損はしない内容だと思うので、見かけたら是非。[kazu]


 Turn On The Radio
  1.Turn On The Radio
  2.Marching As To War (Live in Tokyo July 2001)
LABEL 1977 RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 2曲入り
上記7"と同時リリースされたシングルです。これはすごい!上記のシングルも切なさ&泣きが溢れまくりでかなり良いんですけど、こっちは2歩も3歩も上をいっちゃってますよ!1曲目「Turn On The Radio」でのイントロ数秒で来るカッコよすぎなメロディといったらもう。再結成後の新曲でこんなインパクトありすぎな曲を作れるってのはホントすごいバンドなんだなぁと実感します。疾走感、メロディライン、全てが完璧の名曲です。早く2NDアルバムを出して来日してくれー!2曲目「Marching As To War」は2001年に新宿JAMで行われた来日ライブの模様を収録してます。この音源と上記シングルは新品ではもう最近は見かけなくなりましたが、中古では1000円以下で売ってるのをけっこう見かけます。個人的には上記シングルよりもこっちを最初にお薦めしたいです。[kazu]


 Best Friend
  1.Best Friend
  2.Here We Are Today
LABEL DETOUR RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 2曲入り
2004年にリリースされた2曲入りピクチャー7"。1曲目「Best Friend」は新曲で、アルバムの1曲目に入ってきそうな感じの疾走感のあるメロディがかっこいい良曲。ライブなんかで聴いたら盛り上がりそうです。個人的には前作シングルの方がインパクトがすごかったと感じるんですけど、今作もFAST CARSが好きな方には十分納得できる内容じゃないでしょうか?2曲目は以前再録リリースされたシングル7"「Here We Are Today」の活動当時録音した音源らしいです。曲は相変わらず良いですけど再録版シングルの方が全然良いです。ギターソロなんかは鳴りまくりでかなりかっこいいですけどね。中古でかなり安く(300円だったのを見たことあり)売ってると思うので救出しましょう。[kazu]


 Live At Deeply Vale
  1.Image Of You
  2.Tears Are Over
  3.What Can I Do ?
  4.Things You Do
  5.Teenage 'Art
  6.Why ?
  7.The Kids Just Wanna Dance
  8.You're So Funny
  9.Who Loves Jimmy Anderton ?
 10.Tameside Girls
 11.I'm Alight
LABEL OZ IT MORPHEUS RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT CD / 11曲入り
1979年にDEEPLY VALE MUSIC FESTIVALというイベントでのライブを収録したCDです。当時はシングル1枚しか出していなかったのに曲はこんなにたくさんあったんですね。「The Kids Just Wanna Dance」はもちろんのこと、1STアルバムに収録されている音源、どの音源にも収録されていない曲も演っていて、また79年に録られたとは思えないほど音も良く、当時の雰囲気、勢いがバシバシ伝わってきてこれはかなり楽しめます。日本での再結成ライブもめちゃくちゃかっこよかったんだろうなぁ。この音源はかなり大きいレコード屋(タワレコとか)でも普通に売ってるのを見たので簡単に手に入れやすいと思います。アルバムの次くらいに推したい音源です。[kazu]


 The England Song
  1.My First Last & Everything (Baza)
  2.The England Song (Football Version)
  3.The England Song (UK Not USA Version)
LABEL NEW RECRUIT RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT CD / 3曲入り
2006年にリリースされた新曲3曲入りCDシングル。普通のシングル盤というより、サッカーのワールドカップを意識した?企画モノっぽい感じの音源です。とは言っても内容の方はかなりかっこいいことになってます。全曲たぶんカバーなんでしょうけど、ギターはドライブしまくりで、ダンシング&大合唱を余儀なくされるような、すごく良い意味で昔とやってることが全く変わっていない青春真っ盛りのFAST CARSの音そのものが溢れんばかり。「The England Song」はなんとなくどっかで聴いたことあるような気がするんですけど(イギリス国内の賛美歌かな?)、サッカー好きな方は知ってる曲なんですかね?アルバム持っててFAST CARSの音が好きな方にお薦めしたい音源です。[kazu]


 Just Another Day
  1.All My Friends
  2.Just Another Day
  3.Pretty And Idiot
LABEL RAVE UP RECORDS
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP
HOME UK
FORMAT 7" / 3曲入り
イタリアのレーベル、RAVE UPからの未発表発掘音源。上記で書いたピクチャー7"「Best Friend」の「Here We Are Today」と一緒に出てきた音源だそうです。1曲目「All My Friends」はギター鳴き鳴きのイントロから思わず「GO!」と一緒に叫びたくなってしまうようなコーラス、これまた素晴らしいサビへと展開するナイスなナンバー。ギターソロもスカっぽい感じを取り入れていて面白いです。FAST CARSの未発表音源を聴きたい人はたくさんいると思うんで、こうやってどんどんリリースしてくれるのはとてもいいことだと思います。2曲目「Just Another Day」は1STアルバム「Coming... Ready Or Not !」に収録されていた「I Won't Be Coming Home」のオリジナルバージョン。アレンジもかなり違っていて、ギターの感じはこっちのほうがかっこいいかも。ラストの「Pretty And Idiot」は思いっきりデモの感じのあまりFAST CARSっぽくないテケテケしたリフの曲。こっちは他の曲と比べると個人的にはいまいちでした。どうでもいいですが、33回転なのにレコードラベルに45回転と書いてあるのは自分のだけでしょうか?[kazu]


 V.A. / A MANCHESTER COLLECTION
  1.Why
  2.What Can I Do ?
LABEL OBJECT MUSIC
CATEGORY 70'S PUNK / POWER POP / NEW WAVE
HOME UK
FORMAT LP / 17曲入り
V.A. / A MANCHESTER COLLECTIONのレビューはこちら → V.A.


FAST CARS TOP