×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



THE ERGS !


 dork rock cork rod
LABEL WHAO ON RECORDS
CATEGORY POP PUNK
HOME US
FORMAT CD / 16曲入り
UNLOVABLESのところでも書きましたけど、おそらくここ最近のUS勢ポップパンクバンドの台風の目だと思われるバンド、それがこのTHE ERGS!です。この音源は1STアルバムでこの音源の前に1枚(たぶん)7"が出てたと思います。なんといってもERGSの魅力は直球でポップ感溢れる抜群の曲の良さに尽きると思います。曲間もほとんどなく突っ走る全16曲をあっという間に聴けてしまう最高のメロディが満載で、切なくもなんだか楽しいキャッチーなメロディ、速くてノリノリなサウンド、どこかで聴いたことがあるような感じなんだけど、やっぱりこういう音って分かりやすいし、いつ聴いてもかっこいいなと思えるナイスな音源です。ドラムがボーカルってのもすごい。とにかく速くてポップで少しだけ切なくて疾走感抜群のサウンドを求めている方には手放しでお薦めできます。個人的にはまず下記2NDよりもこっちを推したいです。このバンドを気に入ったら、THE ERGS!と共に人気爆発のSTEINWAYSやUNLOVABLESあたりを一緒に聴いてみて下さい。[kazu]


 upstairs / downstairs
LABEL DIRTNAP RECORDS
CATEGORY POP PUNK
HOME US
FORMAT CD / 15曲入り
2007年に入ってからのTHE ERGS!はリリースが多くて全然把握できないんですけど、そんなえらく大量にスプリットやら7"EPやらミニアルバムやらがリリースされた前後に出た2NDアルバム。自分はとても買いきれないのでアルバムしか持ってません。今作も速くてポップで疾走感に溢れるナンバーと全般的にメロディの良さが際立っていて、1分にも満たないショートチューンなんかも多く、やっぱりあっという間に聴き終えてしまいます。普通にかっこいいし、前作1STを持っている方は問題なくいけると思いますが、個人的には「おお!かっけー!」っていうインパクトは1STのほうがあるように感じました。長く時間をかけてリピートしまくるとジワジワと良くなってくるアルバムかも知れません。まあなんというかGREEN DAYの1STと2NDはどっちが好きですかっていう程度の違いと思ってくだされば。[kazu]


THE ERGS ! TOP