×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



COMEBACK MY DAUGHTERS


 Home of the Sun
  1.Yellow Ball
  2.Bathtub Team
  3.FWR
  4.Bunny Musk
LABEL HIROTECH RECORDINGS
CATEGORY MELODIC / EMOTIONAL
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT 12" / 4曲入り
Comeback My Daughtersの2000年リリースの12インチEP。これが初音源だったかと思います。バンドについては今さら紹介しなくてもみなさん知ってますよね。自分もとても好きなバンドです。よくGET UP KIDSやPROMISE RINGなんかが引き合いに出されていたような覚えがありますが、この頃はかなりエモーショナル寄りな感じのベースラインが全面に浮き出た感じの音で、現在の音よりもキラキラ感が薄く、陰りの面が強い疾走感のある叙情的な感じと言えばしっくりくるんでしょうか。しかしながら泣きのメロディラインからほとばしる切なさ、情けなさはこの頃から抜群に発揮されていて全曲素晴らしくかっこいいです。疾走感のあるエモーショナル寄りなサウンドが好きな人はもしかしたらこれが一番気に入る音源かもしれません。この後にTWINKLEとのスプリットテープ(収録曲は「Get Back」)がリリースされています。自分はこっちは持ってません。[kazu]


 Weekend Milestone CDEP
  1.Fully Closed And Naked
  2.Bright Midnight
  3.Get Back
  4.My Empathy
LABEL KIKUCHI RECORDS / DOTLINE CIRCLE / CBMD RECORDINGS
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT CD / 4曲入り
2002年にリリースされたCBMDの4曲入りCD。ライブハウスだったかレコ屋で買ったかは忘れましたが、当時この音源を聴いたときはすごい衝撃を受けた覚えがあります。前作があれだけエモーショナル寄りのだったにも関わらず、今作は思いっきりポップでメロウなメロディックサウンドになっちゃっててもう最高の一言です。この音源で出したかった音が確立したんでしょうね。完璧すぎる切なすぎなメロディの「Fully Closed And Naked」、ギターポップサウンド大爆発のメロウな「Bright Midnight」、涙が止まらないキラキラしたコーラスで死にそうになる「Get Back」、しっとりとした「My Empathy」まで全曲が素晴らしすぎる、情けなさ全開の泣き泣きメロディが好きな方は一撃で持ってかれるような切なさ大爆発の音源です。ただ1、3、4曲目は後の1STアルバムに収録(バージョンは別)されているので、アルバムがリリースされている今ならこちらの音源は無理して探さなくてもいいんじゃないかなと思います。[kazu]


 Spitting Kisses
   1.Spitting Kisses
   2.Bite Me
   3.Desperete
   4.Get Back
   5.I Know Your Love
   6.FWR
   7.Uranus Breaks Down
   8.Fully Closed And Naked
   9.My Empathy
  10.Chemical Age
  11.Red Dog Hunch
  12.You And Only You
LABEL PIZZA OF DEATH RECORDS
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT CD / 12曲入り
PIZZA OF DEATHから2004年にリリースされたとんでもなく素晴らしい1STアルバム。前作までに感じられた、切ない中でタイトに飛び跳ねるようなメロディがゆったりと聴かせる深みのある音作りに変わり、またキーボードが入りツインギターになったことでよりキラキラ感と叙情感溢れるメロディ展開になり、更に切なく、広がりのある世界観を感じられます。今までリリースされた楽曲(4、6、8、9曲目)も新たなバージョンで再録されていて、これがまた更に泣き泣きのリアレンジ(「Get Back」や「Fully Closed And Naked」なんかはもう神懸かってるんじゃないかと思えるような完成度)が施されていてもう涙が止まりません。捨て曲なんて全くなし、今までのリリースの集大成がこの一枚の中に凝縮されていると言っても過言ではないと思われる名盤です。CBMDを初めて聴くなら個人的にはダントツでこの音源を一番最初に推したいです。[kazu]


 A Parade of Horses
   1.Seasons and Silence
   2.Out of Date
   3.A Parade of Horses
   4.Waiting for a Ghost
   5.Perfect Tail
   6.Freezing December
   7.A North of Mountain
   8.I Want You To Know Someday
   9.Boys Don't Cry
  10.The New Year
  11.How Long Should I Stay Here ?
  12.Won't Go Back
LABEL PIZZA OF DEATH RECORDS
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT CD / 12曲入り
2006年リリースの2NDアルバム。ギターの単音とキーボードとの絡みが全面に押し出された音作りのせいか、1STアルバムよりもしっとりとしたメロディの曲が増え、より「聴かせる」ことに重点を置いた感じの落ち着いた雰囲気溢れるアルバムになっています。とは言っても前作の感じから180度変わってしまったということは全然なくて、今作も「前よりもしっとりしてるけどやっぱりCBMDはいいね」と思えるような、CBMD独特の切なげなメロディは健在だし、相変わらず楽曲も素晴らしいです。ポップでキャッチーな泣き曲(「Perfect Tail」や「I Want You To Know Someday」など)も所々に入り込んでいて、前作が好きな方なら間違いなく楽しめると思います。部屋でゆっくりと聴きたい1枚です。[kazu]


 BIRD'S TRADITION E.P.
   1.Oh Smoke Sister
   2.Sissy Walk
   3.Dazzling Fight
   4.Night Moves
LABEL PIZZA OF DEATH RECORDS
CATEGORY MELODIC
HOME 福岡 / JAPAN
FORMAT CD / 4曲入り
2007年リリースの4曲入りCDEP。このバンドはホントいい曲書くなぁ。1STアルバムの頃の感じのポップ感に2NDアルバムのキラキラ感が自然に合わさった感じがうまく出せた音源じゃないでしょうか?軽快で暖かなサウンドで進む「Oh Smoke Sister」、日曜の昼下がりに聴きたくなるようなミドルテンポの「Sissy Walk」や「Dazzling Fight」、切なさが止まらない「Night Moves」など全ての楽曲が相変わらずナイスすぎます。ここ3〜4年くらいCBMDのライブは見に行ってないのですが、今回色々聴き直したら久々にまた行きたくなりました。[kazu]


COMEBACK MY DAUGHTERS TOP